MENU
Count per Day
  • 725現在の記事:
  • 306412総閲覧数:
  • 161今日の閲覧数:
  • 430昨日の閲覧数:
  • 2525先週の閲覧数:
  • 4162月別閲覧数:
  • 185935総訪問者数:
  • 55今日の訪問者数:
  • 125昨日の訪問者数:
  • 1026先週の訪問者数:
  • 1654月別訪問者数:
  • 139一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2019年6月24日カウント開始日:

スマホホルダーの爪が緩かったので改造してホールド感を高めた結果

スマートフォンホルダーの爪が緩んでいたため、改造してホールド感を向上させました。そして具体的な手順は以下の通りです:

  1. 3Dプリンターでパーツを製作:適切なサイズと形状のパーツを3Dプリンターで作成しました。またこれはスマートフォンホルダーの爪を補強する役割を果たします。
  2. ねじで取り付け:作成したパーツをスマートフォンホルダーにねじで取り付けました。そしてホルダーの爪がしっかりと固定され、スマートフォンが安定して保持されるようになりました。

この改造により、スマートフォンのホールド感が向上し、快適に使用できるようになりました。また、改造は自己責任で行ってくださいね!📱💡

目次

スマホが落下する危険性を改善

新しく届いたトリプルスマホ自撮り棒ですが、ホールドが弱く爪が短い。そして外れてスマホが落下する可能性がありました。

そのため急遽、ホルダーを強化すべくスマホホルダーをアップグレードしました。

いつものように、デザインを描きました。そしてテストプリント1回目でばっちり成功!

また、2回目は改良の必要がない出来でした。素晴らしい!

完成したパーツを組み立てる

スマホホルダーに木ねじ4本で固定します。

スマホの引っかかり具合の比較

左がアップグレード後。まったく安心感が違います。

グリーンがなんだかオシャレに見えてきました。

みんなもやってみてね!

スマホホルダーの爪が緩かったので改造してホールド感を高めたパーツ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次