MENU
Count per Day
  • 6現在の記事:
  • 350517総閲覧数:
  • 265今日の閲覧数:
  • 532昨日の閲覧数:
  • 3786先週の閲覧数:
  • 11798月別閲覧数:
  • 202104総訪問者数:
  • 115今日の訪問者数:
  • 187昨日の訪問者数:
  • 1202先週の訪問者数:
  • 3833月別訪問者数:
  • 155一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2019年6月24日カウント開始日:

軽ワゴン長距離走行の燃費考察 大阪名古屋間、高速料金比較で見えてきたこと

軽ワゴン長距離の燃費考察

旅費合計 45,995円

目次

第二京阪門真名港中央[軽・自動二輪]

摂津南名港中央[軽・自動二輪]

距離と価格を比べると

摂津南名港中央[軽・自動二輪]が妥当な結果と考えられました。走行距離が長いものの、値段が安い?単に道路の単価の問題かな?

ルート13,800円3,800円3,800円152.5km1時間57分1時間41分

ガソリン代 油種:レギュラー

  • 給油1 12.07L @172円 2076円
  • 給油2 22.82L @177円 4039円 
  • 合計 6,115円
  • 走行距離 499km

12.25㎞/リッター

意外と燃費が悪いですね。積み荷は、80kg程度かと思います。+人間80kg

走行距離

337+162㎞=499km

レンタカー代 軽ワゴン

  • 車輌タイプ:商用バン 軽バン
  • 出発日時:2023/09/26 09:00
  • 帰着日時:2023/09/29 20:00

24200円+4400=28600円

燃料、高速料金、レンタカー代合計

  • ガソリン代合計 6,115円
  • 高速料金 4140×2=8,280円
  • レンタカー代 28,600円
  • 駐車場代 1000×3=3,000円

旅費合計 45,995円

軽ワゴン長距離の燃費考察

軽自動車(ワゴン)の燃費について考える際には、いくつかの要因や考慮すべきポイントがあります。以下に、燃費に影響を与える主要な要因と、燃費を向上させるための一般的なアドバイスを示します。

  1. エンジンの種類とサイズ: 軽自動車にはガソリンエンジンや電気モーターなど、さまざまなエンジンタイプがあります。エンジンの種類やサイズは燃費に大きな影響を与える要因の一つです。小型のエンジンは一般的に燃費が良い傾向があります。
  2. 車の重量: ワゴンタイプの車は通常、セダンやハッチバックに比べて重いことがあります。車の重量が増えると、エンジンが負担され、燃費が低下する可能性があります。
  3. 運転スタイル: 運転スタイルも燃費に影響を与えます。急加速や急ブレーキ、高速道路での高速走行などは燃費を悪化させる傾向があります。エコ運転の技術を習得し、効率的な運転を心がけることが重要です。
  4. タイヤの選択: 適切なタイヤの選択も燃費に影響を与えます。低ローリング抵抗のタイヤを選ぶことで、燃費を向上させることができます。
  5. メンテナンスと整備: 定期的なメンテナンスと車の整備は、エンジンや車の性能を最適に保つために重要です。エンジンオイルの交換、エアフィルターの清掃、タイヤの空気圧のチェックなどを怠らないようにしましょう。
  6. 負荷の最適化: 不必要な荷物を車に積まないように心がけましょう。余分な重量は燃費を悪化させます。
  7. エアコンの使用: エアコンはエネルギーを消費し、燃費に影響を与えることがあります。必要な場合以外はエアコンを切るか、最小限に留めることを考慮してください。

これらの要因やアドバイスを考慮しながら、軽自動車(ワゴン)の燃費を向上させるための行動を選択することで、燃料効率を改善することができます。また、製造元の公表する燃費データを参考にすることも役立ちますが、実際の運転条件に合わせて考慮することも大切です。

軽ワゴン長距離の燃費考察

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次